So-net無料ブログ作成
<講座案内> ブログトップ
前の5件 | -

ASIAN LIBRARY CAFÉ 古代エジプトの書記は聖刻文字を書いていなかった [<講座案内>]

ASIAN LIBRARY CAFÉ: No. 001

古代エジプトの書記は聖刻文字を書いていなかった
〜書記の書いた神官文字を体験する〜

講師:永井正勝(東京大学U-PARL特任研究員)
2017年7月22日(土)14:30〜16:30
東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 中会議室(3階)

対象:学生・一般 定員:40名(事前申込制)
持ち物:筆ペンとノートをご持参ください


古代エジプトの文字といえば聖刻文字(ヒエログリフ)が有名ですが、聖刻文字は彫刻家が石材などに「刻む」ためのデザイン用の文字として存在していました。それに対して、書記達が筆で「書く」ための実用の文字は、神官文字(ヒエラティック)と呼ばれる筆記体であったのです。それゆえ、パピルス写本を読むためには、神官文字を学ぶ必要があります。

東京大学附属図書館U-PARLでは、アジア研究図書館の蔵書として、神官文字を学習するために必要な字典、文法書、辞書、資料集を購入しています。本セミナーでは、学内外の方を対象に、これらの蔵書を紹介しながら、神官文字の字体について解説します。パピルス写本の世界を一緒に体験しましょう。


内容
新図書館計画とアジア研究図書館
エジプト語の概要と購入資料の紹介
神官文字を書いて体験する
神官文字の読解にチャレンジ


レポートはこちらを参照ください 
→ 東京大学U-PARL


申し込みサイト





共通テーマ:学問

世界の文字の二大源流を探る -古代エジプトの聖刻文字と中国の漢字を巡る文字論の世界- [<講座案内>]

*定員に達しました。お申し込み下さり有難うございました。(4月12日)

世界の文字の二大源流を探る
古代エジプトの聖刻文字と中国の漢字を巡る文字論の世界

世界で使用されている文字の多くは、古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)もしくは中国の漢字のどちらかに起源を持っている。そして、聖刻文字と漢字は時代と地域を超えて普及した人類の遺産であり、多くの共通点がある。両者とも象形という原理により文字が作られており、また複数の書体を用途に応じて使い分けていた。さらに、文字を生み出したエジプトと中国はそれぞれ柔らかい書字材料(パピルスと紙)を発明し、それを専売特許としたという点でも文化が共通している。本セミナーは世界の文字体系について俯瞰したのち、聖刻文字と漢字のあり方について考える機会としたい。

講師:永井 正勝(ながい まさかつ)
東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)特任研究員

日時 2017年5月23日(火) 19:00〜20:30
定員 60名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 d-labo ミッドタウン
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F

申し込み・詳細はこちらをご参照下さい。
d-labo
http://www.d-laboweb.jp/event/170523md.html

main_img170523md(2).jpg


共通テーマ:学問

2017古代オリエント博物館「文字論入門:古代エジプト文字編」前期 [<講座案内>]

文字論入門:古代エジプト文字編


句点を付した神官文字資料

2017年4月1日現在、申し込みが25名を超えているようです(定員は20名)。窮屈になりますが、ご了承下さい。

【講義概要】
古代エジプトの文字とその表記法について文字論の立場から詳説します。原エジプト文字から神官文字と聖刻文字が生まれ、神官文字は民衆文字を経てギリシャ文字やコプト文字へと引き継がれました。世界の文字史の第一歩を俯瞰する講座です。


参考文献
ヴィヴィアン・デイヴィズ『エジプト聖刻文字』(大英博物館双書―失われた文字を読む) 學藝書林, 1996年.

【日時】
前期5回、日曜日(変則)10:30〜12:00
5/14, 5/21, 6/11, 7/2, 7/16





共通テーマ:学問

2016年度東京外国語大学オープンアカデミー秋期間 [<講座案内>]

2016年度 東京外国語大学オープンアカデミー 秋期間

「古代エジプトの言語と書字文化」

会場:本郷サテライト
日時:月曜日、14時00分〜15時30分
帰還:2016年10月17日〜12月12日(休講日:10月31日、11月21日)

<受講対象者>
古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)の表記法について、基本的な事項を理解されている方(文字リストが理解できる、辞書を引くことができる)を対象とします。

<講座説明>
本講座は古代エジプト語の文法習得と書字文化の理解とを目指すものです。文法習得としては、聖刻文字(ヒエログリフ)の単語はわかるものの、文として理解することが難しいと感じている方々のために、文を読むための基礎的な規則について解説します。書字文化としては、書記の作業を中心に解説します。最終回は、原文読解にチャレンジして頂きます。パワーポイントを利用した授業です。教材は講師作成のプリントを配布します。

<詳細>
10月17日
[文法]名詞・属格・形容詞 [書字文化]書記

10月24日
[文法]代名詞・形容詞述語文 [書字文化]パピルスの作成

11月7日
[文法]副詞述語文 [書字文化]絵巻物の向きを読み解く

11月14日
[文法]動詞述語文1(基本語順) [書字文化]神官文字

11月28日
[文法]動詞述語文2(動詞の分類) [書字文化]文学

12月5日
[文法]動詞述語文3(文の種類) [書字文化]ロゼッタ・ストーン

12月12日
[まとめ]テキスト講読





共通テーマ:学問

2016年度東京外国語大学オープンアカデミー春期間 [<講座案内>]

2016年度 東京外国語大学オープンアカデミー 春期間

 

「古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)を読む」

 

 スクリーンショット 2016-04-14 17.18.28.png



共通テーマ:学問
前の5件 | - <講座案内> ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。