So-net無料ブログ作成

ASIAN LIBRARY CAFÉ 古代エジプトの書記は聖刻文字を書いていなかった [<講座案内>]

ASIAN LIBRARY CAFÉ: No. 001

古代エジプトの書記は聖刻文字を書いていなかった
〜書記の書いた神官文字を体験する〜

講師:永井正勝(東京大学U-PARL特任研究員)
2017年7月22日(土)14:30〜16:30
東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 中会議室(3階)

対象:学生・一般 定員:40名(事前申込制)
持ち物:筆ペンとノートをご持参ください


古代エジプトの文字といえば聖刻文字(ヒエログリフ)が有名ですが、聖刻文字は彫刻家が石材などに「刻む」ためのデザイン用の文字として存在していました。それに対して、書記達が筆で「書く」ための実用の文字は、神官文字(ヒエラティック)と呼ばれる筆記体であったのです。それゆえ、パピルス写本を読むためには、神官文字を学ぶ必要があります。

東京大学附属図書館U-PARLでは、アジア研究図書館の蔵書として、神官文字を学習するために必要な字典、文法書、辞書、資料集を購入しています。本セミナーでは、学内外の方を対象に、これらの蔵書を紹介しながら、神官文字の字体について解説します。パピルス写本の世界を一緒に体験しましょう。


内容
新図書館計画とアジア研究図書館
エジプト語の概要と購入資料の紹介
神官文字を書いて体験する
神官文字の読解にチャレンジ


レポートはこちらを参照ください 
→ 東京大学U-PARL


申し込みサイト





共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。